NIKKEI InnovationLab

組織情報

日経イノベーション・ラボは「テクノロジー・メディアへの飛躍」を目指す日本経済新聞社の研究開発組織で、日経グループがイノベーションで業界をリードするための先端テクノロジーを研究開発しています。
組織名 日経イノベーション・ラボ(英文名:Nikkei Innovation Lab)
所 長 渡辺洋之(日本経済新聞社常務取締役)
住 所 〒100-8066
東京都千代田区大手町1-3-7(日本経済新聞社東京本社ビル)
MAP
設 立 2017年4月1日
概 要 日経イノベーション・ラボは、「テクノロジー・メディアへの飛躍」を目標に掲げる日本経済新聞社(代表取締役社長・岡田直敏)が2017年に設立した社長直轄の研究開発組織です。日経グループが技術開発力と人材力を抜本的に増強し、デジタル分野で日経がイノベーションを興こすための中核拠点という位置づけです。すでにラボが中心となって人工知能(AI)や仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などの研究開発・調査を実施。成果については、日経の主要媒体や広告、イベントなどに革新的な新機能・サービスとして導入・活用を進めています。日経グループ企業との連携では映像報道や金融サービスのAI活用に注力しています。一方、論文の発表や当サイトを通じた日経グループのテクノロジー情報の発信、国内外のIT・メディア関連の学会や展示会、イベントなどの参加・取材を通じた情報収集にも積極的に取り組んでいます。
Page Top