NIKKEI InnovationLab

9月 19, 2018

日経とカヤック、「画家が見た風景を再現する」VR技術を開発

株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)と株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔)は共同で、作品を描く上で画家が見ていた世界を仮想現実(VR)で再現する技術「Art Immersion Technology」(以下、AIT)を開発しました。
人工知能を使い風景を画家のタッチで再構成し、展示室全体に投影します。
画家の視点から「描かれなかった風景」と作品を同時に見ることで画家の思考を追体験し、作品に対する理解を深めることができます。

http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/news/release_20180919.pdf

Related Articles

Page Top